毎日のごはん作りとの闘い

好き嫌いの多い子供たちがいるので、毎日毎日のごはん作りがもう本当に苦痛。
掃除、洗濯はどちらかというと楽しいのに、さあ夕ご飯を作らなければと思うと、「何作ろう・・・」から始まり、「ああ、作りたくない」「もう今日は外で食べようかな。何か買ってこようかな」と、ぎりぎりまで悩んでしまう。

家にお金が有り余っていれば、身体に良くて美味しいものを毎度毎度食べに行ったりできるのだろうけれど、中の中くらいの我が家の家計だと週に何回も外食というわけにもいかないし、ましてや美味しくて身体にいいものが食べられるお店なんて行けないし。

家できちんと作れなかった日は、せっかく外食しててもなんとな〜く自己嫌悪だし、作っても作らなくても結局はしんどい。
宝くじでも当たって億万長者になって料理上手の家政婦さんを雇うのが夢。
それか、料理教室に通って自分の料理の腕をプロ並みに磨くほうが現実的か…とも思ったけれど、そもそも料理をするのが好きなわけではないから、「宝くじで億万長者」なみにハードルの高い夢だと思う。

でも、本当はいやだいやだと思いながらも、ネットのレシピを最大限に活用してわりと頑張っている方だと思う。
そして可愛い我が子たちは、嘘かほんとか、「ママのご飯が一番美味しい」とちょいちょい言ってくれるのでありがたい。
それを励みに、これから何十年と続く「ごはん作り」との闘いを続けていこうと思う今日この頃。

でもそんな今日も、ごはん作りから目をそらしぎりぎりまで何か違う用事をわざわざ探してする私。
こんなママでごめんね。、でも今日もぎりぎりで頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です