子供の教育費用のために貯蓄頑張っています

我が家には現在中学1年の息子と小学5年の娘がいます。

息子が私立中学受験をしたいと言いだしたのは息子が小学校3年の三学期のこと。
それまで大した貯蓄もなく、自由気ままに生活していた我が家のお金への向き合い方が変わったのはその頃からでした。それまで通っていたなかった中学受験対応の塾に通い出し、それにプラスし中学校に入学した時やその後に必要なお金の貯蓄も必要となり、否応なしに今まで使っていた家計費に制限がかかったのです。

息子の教育費用の捻出が始まってから、我が家の生活はがらりと変わりました。
週末や長期休みのレジャーに使えるお金はなくなったので、無料で遊べる公園や公共施設、ショッピングモール周りが我が家の休日の定番となり、外食する回数も半分以下に減りました。それまで量を気にすることなく飲んでいたお酒の量やお菓子等の嗜好品にも制限をかけました。日々使える生活費も今までの2/3に減らし、余計な服や化粧品等の購入も控えるようになりました。
それらの日々の小さな努力の積み重ねによって、息子が無事志望校に合格を果たした頃には、我が家の貯金は200万円を超えていました。

そして現在息子の授業料を払いつつ、今度は小5の娘が本格的に受験勉強を開始したため、今度は娘の教育費用の捻出が重なってきました。以前は息子のことだけでよかったものが、単純計算で1.5倍〜2倍の貯蓄が必要になったというわけです。
そうは言っても現在の頑張りはすべて子供の夢のため・将来のためのものです。だから苦しかったり辛かったりするものでなく、むしろ貯蓄をすること自体が励みとともに生きがいになっている今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です