チャットレディは副業にするのに魅力的なお仕事という印象

本業のお給料がなかなか上がらないのが悩みで、就業後に短時間でしっかりと稼ぐことのできる副業をやりたいと思っていろいろと探していたら、よく情報を目にするのがチャットレディのお仕事でした。

今は副業はネット仕事が主流だし、私も副業をやるなら自宅でネットを利用して行うものをと考えていたので、報酬のよさには目が眩んだものです。好きな時間に都合のいい時だけ働けるって、すごく魅力的ですよね。そんなことを考えていたときに職場の友人から「やってみない?」と誘われたので、とても心が揺れました。

聞いた話だと自分の紹介で新たにチャットレディの会社に登録をする人が現れたら、その人と新たに登録した人にかなり高額な紹介料がもらえるそうです。詳しい話を聞ける人が身近にいることをありがたく思いながら、仕事内容についていろいろと聞いてみました。本人が言っていましたが、容姿が特別優れているわけではなく話し上手ではないということで、アダルト系は最初から除外をしてノンアダルトで、男性から仕事の愚痴を聞いて慰めたり悩み相談に乗るようなことをしているそうです。てっきり男性をおもてなしするのに性的な会話が中心のものしかないと思っていたので、その仕事内容はとても意外でした。

ノルマもないしWEBカメラも会社側で無料で貸し出してくれるそうですし、ノンアダルトで会話するだけでお金をもらえて報酬もよければかなり都合がいい仕事です。もちろんトラブル回避のために自衛も必要でしょうが、俄然興味を持ちました。

アダルトチャトレだと常連さんを作るのが難しい

チャットレディのバイトで稼ぐのだったらアダルトの方が単価が高いので早く稼ぐことが出来ます。
そしてアダルトの方が待機時間も短いですし、すぐにお金が欲しい人は思い切って脱いでみるのも悪くないかも知れません。

けど、アダルトチャトレをすることの意外なデメリットもあります。
それは常連さんが掴みにくいということです。

ノンアダルトでも常連さんを作るのは難しいですが、アダルト系になるともっと難しくなるのではないかと思います。
男性達は女性のエッチな姿を見たくてアダルトチャットを利用します。
自分好みの女性のヌードが見れたら誰でもいいのです。

一人の女性のヌードだけを見ていても男性は飽きてしまいます。
もっと色々なおっぱいを見て見たいというのが男心ってもんですよ(笑)。

だけどノンアダルトの場合は違います。

色々な女の子とお喋りをしたいという人は勿論いますが、キャバ嬢にぞっこんな男性がいるのと同じで一人の女の子と親密になりたいが為に執着される方が多いです。

デメリットとしては「会いたい」などとしつこく口説いて来る方がノンアダルト系には多いです。
ウザイと思うかも知れませんがそれは喜んでいいのです。
口説かれててウザイと思っている時間も時給が増えていくので、長く引っ張ればもっと稼ぐことが出来るからです。

それに絶対会わなくていいことになっているので、どんなに会いたいと言われてもスルーしていればいいのですから気楽に出来ます。

出産と引っ越しが重なって

結婚して4年、夫婦共働きで今までやつてきたから、裕福とは言えないまでも、まあまあ貯金も出来てきたし、楽しい遊びもふたりで出来てた。子どもはいつかは・・・程度に軽く考えてたけど、具体的には考えず。

そろそろ家を買おうか、という話になって、思い立ったが吉日と購入を決めた去年の夏。住宅ローンは旦那1人の名義で組んだけど、もちろん私も返済には協力するつもり。ふたりで働いてるんだから、割と早くに完済できるよね、なんて話していた矢先に妊娠が判明。
いや、すごく嬉しいんだけど。でも、マンション買ったばかりだし、私は働いてるとはいえ派遣社員の身。産休育休が取れても、その後復帰できる保障ないし。どうするのー??旦那1人の収入で住宅ローン返しながら家族が1人増えてやっていけるのー??と青くなってしまった、去年の夏。。

そして引っ越しと出産をいよいよ間近に控えて・・・私も仕事を辞めて&引っ越し準備にも出産準備にも当然お金がかかってるけど、なんていうか、やってやれないことはない。今までの貯金は頭金でゼロに近くなったけど、旦那の給料は低いままだけど、まあボーナスも出てるし、私の育休手当もあるし。

でも当然、日々の節約努力も必要で、そこは私が頑張らないと。ということで、毎日のお弁当作りを開始。毎日500円浮くとして、でも材料費が月3000円かかるとして、月7000円の節約。外食も極力控えて、月1万円の節約。私の化粧品もデパートではなくドラッグストアで買うことに。月25,000円は節約できる。
なんとかなる!産後復職できるのが一番だけど、ダメでもやっていける自信がついたかも。

しっかり者のお母さんのところに、安心して生まれておいで?!

私が以前働いていた子供服販売の体験談。

私は以前、百貨店の中に入っている子供服の販売員の仕事をしていました。

キッカケは、子供が好きな事と、接客業がしたかったからです。保育士の免許もないですので、保母さんにはなれなかったので、免許が無くても子供と触れ合える仕事はないかなー?と思っていました。

子供服の販売の仕事は、本当にやりがいがあり、楽しかったです。もちろん、仕事内容は子供と触れ合う事ばかりではありません。販売ですので、接客がメインの仕事ですが、入荷した商品のチェックや、それをお店に出したり、季節外商品や、本社指定の商品の返品作業や、セールの準備などなど、仕事内容はたくさんありました。ですが商品は新生児サイズから取り扱っていたので、どれを見ても可愛かったです。

お客様も、ご家族連れが多く、お母さまが買い物中に、お子さんと遊んだりする事も多々ありました。その内、お子さんが、私たちスタッフの事を覚えてくれるようになり、一緒に遊びたい!などと言ってくれていましたので、ままごと遊びをしたり、お絵かきをしたり、絵本を読んだりしていました。とても楽しかったです。

お母さまに「以前、保母さんだったんですか?」と、聞かれたこともありました。色々と大変だった事もありましたが、子供と触れ合えたり、オススメした商品を買って頂いたりしたのは、本当に楽しく、とてもやりがいん感じていました。本当に貴重な体験をさせてもらったなと思っています。いい思い出です。

遊ぶために頑張る節約生活

じみーにじみーに値上がりされててお財布が寂しい。

旦那のお給料は上がらないのに野菜とか日用品はどんどん値上がりしていくし、子供服すらセール品で買わないと生活がキツキツです。
まだ小さいから直ぐにサイズが変わるしミルク代も掛かるのに、このままじゃ近い将来赤字になりそう。少しでも貯められる内にとへそくりしてるけどやっぱり何年前に比べたら全然へそくれない。

電動付き自転車が欲しかったけど十万越えの出費は痛すぎて買う気が失せちゃったまま自転車貯金もしてないですよ。自転車買うなら上の子も色々分かるようになってきたし、家族旅行に行った方がいい気がします。

そう思って旅行を調べたけど高い。何をするにも一々高い。そのくせ給料は安い!毎日節約して去年よりがっつりお財布締めてるのに全然貯まらないから頑張る気が失せたけど、子供がテレビを見て色々な所にいきたがってるし、連れて行ってあげたい所も沢山あるから小銭貯金も頑張って絶対家族みんなで旅行に行くぞ!

化粧品なんか百円均一で十分、流行の服なんて追わなくたってその内また巡って来る。大人はいくらでも我慢出来るし安い物を選べるけれど子供にお金がないからなんて言いたくないし、欲しい物はある程度買ってあげたいからとにかく節約。
グッジョバとかキッザニアにも行ってみたいし頑張ってこつこつ貯めて、パーッと使うぞ!夫婦二人の時は結構思い付きで遠出したりしていたけどやっぱり子供がいると中々そうはいかないですね。しかも消費税上がったり色々改悪されてるからきつさ倍増。

下の子預けられるようになったらキリキリ働いてお金貯めるぞー!

私の今の生活と、これからの生活。

私は結婚して4年3ヶ月の30歳の主婦です。
もう少しで、妊娠8ヶ月になります。今も短時間ですがパートをしています。

妊娠をキッカケにパートの時間や、日数を減らしてもらいました。その為、収入が少くなってしまったので、旦那さんにすすめられて、在宅ワークをしています。私がしている在宅ワークはパソコンや、スマホを使って、アンケートや質問に答えたり、テーマに沿って体験談や、考えを記事にする事です。嘘や、偽りがないので、今では楽しくやっています。出産まで、残り3ヵ月を切りました。もうすぐ妊娠後期になります。ほんと、アッという間です。

初めての経験に、今は楽しみ半分、不安半分です。どのような痛みなのだろうか、どのくらい時間がかかるのだろうか、耐えるけど、耐えれるだろうか。。こうしてみると、無事出産するまでは、不安なほうが多いかもしれません。そして、今年中には、旦那さんの実家に引っ越しもあります。同居スタートの年でもあります。お義母さんは、本当に優しくて、思いやりのある方で、大好きです。

ですが、同居となると、やっぱり気を使ってしまいます。どんな生活になるのかな?と考えてしまいますね。このように、今年は、私にとって、初めての事ばかりの年です。今までの生活がまるっきり変わります。不安はいつぱいですが、「幸せな変化」だと思っています。

その変化までもう少しになりましたが、今の生活も楽しみながら、これから始まる生活も、幸せなものにしたいです。

スーパーの節約?事情

とにかく私がよく食べるので食費がとてつもない家計になっています。
ご飯も2合くらいなら一気に食べられるし、おやつにパン1斤も食べるし…
そうなると恐ろしいのが食費で、月のお小遣いも全て自分の食費でむしろマイナスです。

そこで減らしたい食費ですが、出費を減らすには安いものを買うか量を減らすかなのですが、食べる量を減らすのはストレスになりまだ無理なので、ここは安いものを買う事にしました。
そこでスーパーでの特売日を狙って普段より1割から2割安いものを買い、ヨウビにかかわらず毎日必ず特売の棚を見てから、午前と夕方で見切り品をチェックするようにしました。

特に家から徒歩1分のよく行くスーパーでは、夕方決まった時間になると賞味期限が3日先の高価な牛乳が半額になるし、食パンやスイーツ系は当日賞味期限が半額になります。
自分のおやつなのでこれで充分です。

そして時間が遅くなってしまったら少し足をのばして徒歩10分のスーパーへ行きます。
こちらの方が大きくて、肉や野菜も新鮮で美味しくて見切りが早いのです。
子供がまだ小さいので遅い時間にはあまり頻繁には行けず…。

そしてスーパーによっては日によってカードで買い物をすると5%offだったり、商品によってはポイントがたくさん付いたりしてお得だったりします。
かなり頑張って節約だと自分で思って家計簿をつけてみてびっくり…
金額は変わらず、食品の購入が増えています。

そして更に薄々気づいてはいたのですが、2ヶ月で体重が5kgも増加してしまい服は入らず、食欲は増えるいっぽうなので、ダイエットが一番の節約だとわかりました。

仕事をしている女性は、便利な制度を取り入れて楽になるべし。

正社員として結婚していても働いている女性は年々増えています。

会社にとっても家計にとってもとても良いことですが、やはり女性への負担面は考えてあげるべきです。
男性以上に収入があって、大黒柱のようであっても、家に帰ると、主婦になります。

そうなると、仕事は男性並みにしていて、帰宅も遅いのに、掃除、洗濯、食事作り、さらには子育てなど、男性が協力的になってきたとはいえ、負担は相当なものになります。
家族や、会社の方々に協力をしてほしいことはもちろんですが、働く女性は、便利な制度を取り入れて、自分を楽にしてあげることも必要です。

例えば、掃除はダスキンなど業者に頼む、洗濯は洗濯乾燥機に任せる、アイロンは、クリーニング屋さんに任せる、買い物はネットスーパーで、時々は外食をするなど、一見手抜きな主婦のようですが、働きながら主婦業を完璧にすることなど不可能です。
働く女性は、それなりに収入があるわけですから、そのくらいの出費は家族も認めてあげるべきです。

そう考えると、仕事をパートにして、主婦業を完璧にし、節約をすれば良いのかもしれないという考えもよぎりますが、正社員で得る収入はとても大きく、社会で社会人として働くと、得られる地位や、キャリヤや、楽しさがありますので、安易に正社員の状態を手放すことはしないほうが賢明です。

ただし、頑張りすぎて体を壊さないように便利なものは取り入れる、そして、それを家族にも分かってもらう必要があります。

私が好きな習い事、再開しました。

私はハワイが好き。新婚旅行で1度行ったら、もう大好きに。
行く前は日本人いっぱいいるし、海外っぽくないから行きたくなかったんだけど、ハワイのリゾート感にどはまり。
それから日本でフラダンスを始めた。

ちょうどお友達も始めたいって話してて、いいお教室も見つけたから、即入会。
上の子が1歳2か月くらいの時。子育ても落ち着いて、自分の時間が少しとれるようになった頃。
レッスンの復習をお友達としたり、イベントに向けて衣装を作ったり、とても楽しい時間だった。

だけど、2人目妊娠&出産で3か月休会し、復帰したけど、また1年後に休会。
その理由として、お月謝の値上げとフラに対する熱が冷めていっていたこと。
家でも復習しないから、レッスン毎にきちんと踊れない、レッスンに来ても下の子がぐずって踊りに集中できない、など。

レッスン中は相手にしてあげられないから、そりゃあぐずるよね。
子供のためにも私のためにも、1度ここで休会。
フラはイベント代や衣装代が高く、衣装を購入しないとイベントにも出られず、だんだん家計の負担になっていたし。

このままフェードアウトしようかな〜なんて思ってたけど、フラの先生の救済措置、レッスン回数を月1回、参加しない月は月謝払わなくてもいいという
ゆる〜いクラスを開設してくれた。
それでもイベントに出るには衣装が必要だから、イベントは勇気をもってお断りしなくてはならないけど。

フラは踊っているだけで楽しい。
また、フラができることが嬉しい。

この度ゆる〜くフラを再開しました。

共働きをしてみて思ったこと

もともと仕事をしていて子供ができました。 考えたのは仕事をどう続けるかで、辞めるという選択肢は無しでした。

結婚して1年経って生活ランクを下げたくなくて共働きをしていたので、ここで仕事を辞めたら自分の給料と育児の費用でマイナスになってしまいます。 つわりは2ヶ月でおさまり、切迫早産に成りながらもどうにか産休にたどり着き、育児休暇へ入りました。 その間も会社からは給料の何割かはいただけて、とても助かりました。 しかも出産は緊急帝王切開だったので医療保険も使えて術後は地獄でしたが、お金は入ってきて良かったです。

そんなこんなで職場復帰に向けて保育園探しが始まりました。 認可保育園は入れなそうなので、無認可に的を絞りましたが、大体朝7時から夕方5時までで月に6万円…。 時短で働いても二束三文しか手元に残らずびっくりしながらも、フルで働ければ段々もとも取れるはずだと頑張りはじめて1ヶ月たたないうちに病気をもらってきて、発熱からの入院になりました。 しかも2回もです。 さすがに子供が心配になり退職をすることになりました。

結局体して稼げないまま共働き生活は終了しました。 共働き中は朝は早起きして仕事をして、子供のお迎えからの夕飯作りプラス掃除と毎日慌ただしかったけれど、自分頑張っているという充実感はありました。 夫も朝保育園まで連れていくのを担当してくれたりと協力してもらったのでとても有り難かったです。

共働きは夫の協力あってこそで、問題の待機児童問題も直面して大変だと思いました。